スクラップブッキングの本ならこれ!おすすめランキング

おすすめスクラップブッキング本

スクラップブッキングの本を参考に、スクラップブッキングを始めようとお考えの方に、おすすめをランキングにしてみました!

どんな本をお探しですか?

・初心者なので基本の作り方が知りたい
・友達や家族にプレゼントするアルバムのアイデアが欲しい
・とにかく素敵な作品をたくさん見たい
・スクラップブッキングのトレンドを知りたい

などなど、スクラップブッキングの本といってもたくさんあってどれを選んでいいかわからないですよね。

長年スクラップブッキングをやってきた経験から私がおすすめできる本を5冊紹介します。

〇スクラップブッキング初心者におすすめ本ランキング

1.We Love スクラップブッキング ラブメモプラス

スクラップブッキングおすすめ本 ラブメモ

スクラップブッキングのネットショップも人気の、ラブメモのスクラップブッキング本で、年2回、だいたい夏前と冬に発売されています。

最新のスクラップブッキング情報や、デザインチームの方の素敵な作品はもちろん、アイデアや作り方がたくさん掲載されていますよ。

スクラップブッキングといってもいろいろな材料や手法がありますし、迷ってしまうかもしれませんが、ラブメモプラスを見て好きな作品を真似して作ることからはじめてみましょう。

この雑誌を見るだけで多くのことが学べると思いますよ

2.ペーパーフラワーとスクラップブッキング

スクラップブッキング本 ペーパーフラワーとスクラップブッキング

一般社団法人 日本ペーパーアート協会のペーパーフラワーとスクラップブッキングの本です。

スクラップブッキングばかりではなく、ペーパーフラワーの作り方が豊富。

ペーパーフラワーは、買うとそれなりのお値段がしますので、手作りできるとうれしい!

スクラップブッキングにも、ホームデコやプレゼントにも大活躍です。

スワッグやリース、トピアリーやブーケ、ガーランドの紙のフラワーの作り方が豊富に掲載されています。

スクラップブッキングについては、写真を撮る機会の多い入学入園などに参考になるものから、お正月やクリスマスなどの行事に合わせたものが紹介されています。

初心者でも作りやすく、発売日も最近なのでおすすめです。

本屋さんにも売っていますよ。

3.思い出をきれいに残すスクラップブッキング

スクラップブッキング本 思い出をきれいに残すスクラップブッキング

シックでアンティークな感じのスクラップブッキングがお好みなら、こちらのスクラップブッキング本はいかがでしょうか?

12インチの作品から、ミニアルバム、仕掛けアルバムまで作り方が丁寧に紹介されています。

大人な感じのスクラップブッキングもいいですよね。ペットの写真や母の日や父の日のプレゼントにも。

ペーパーの種類や色を変えてポップやキュートな作品にもアレンジできると思います。

初心者の方から、作り慣れた方にもオススメの本。

4.わたしのかわいい手づくりホビー スクラップブッキングとホームデコ

わたしのかわいい手づくりホビー スクラップブッキングとホームデコ

片柳 頼子先生監修のスクラップブッキングとホームデコの本です。

2012年に発売されたものですが、いろいろな人のスクラップブッキングが掲載されているので、多くの作品を見ることができます。

ミニアルバムやホームデのアイデアも満載で、子供の写真にぴったりなカラフルなデザインから、シックなデザインまでいろいろなタイプのスクラップブッキング作品を見ることができます。

プレゼントやウエディングの写真の飾り方にも参考になる作品が載っています。

5.A Compendium of Curiosities(Tim Holtz)

スクラップブッキング本 ティムホルツ

クラフトや着色、スタンプのデザイナーティムホルツの本です。

スクラップブッキングにも応用できる、エンベリッシュメント(飾り)や着色、ペーパーの加工などのハウツー本です。

洋書なので全て英語ですが、英語がわからなくても参考になります。ティムホルツのスタンプインクやスタンプ、ペイントの使い方や、さびた感じの加工の仕方、メタリックアイテムの着色、グランジペーパーの加工方法などなど、とても参考になります。

白黒写真や家族写真、おじいちゃんおばあちゃん、男前インテリアのイメージにぴったりです。

シャビーシックな感じが大好きな人におすすめです。

〇スクラップブッキングのおすすめ本:まとめ

スクラップブッキングの作り方やアイデアの参考になる本を5冊紹介しました。まだスクラップブッキングをはじめたばかりでどんなデザインにすればいいかわからない方は、お気に入りの作品をそっくり真似して作ってみるのが上達する一つの方法です。

いろいろ真似しているうちに、自分の好きなタイプがわかってくるし、いろんな人の作品を作ってみると、たくさん工夫されていることに気づくことができますよ。

スクラップブッキングは海外でも人気のホビーなので、洋書も参考になります。ただ、手に入りにくいし、見つけにくいですよね。私が好きだったスクラップブッキングや手作りクラフトの洋書の雑誌も廃盤になってしまって残念なのですが。

海外のスクラップブッキングメーカーなどのデザイナーさんの作品はとてもクオリティが高いです。メーカーやデザイナーさんの作品はネットで見ることができるので、別の記事で紹介しますね~

タイトルとURLをコピーしました